好きから始めていいかな。

ななせまる検定2級

AKB48リクエストアワー2017

我らがAKB!団結48!

そう、僕らのかけがえのない青春時代の全てを費やしたと言っても過言ではないAKB48
最近歳をとったのかAKB48を懐古する機会が増えた気がするんですよね。正直思い出を語っている時が1番楽しいし、1番生きてるって感じがするんですよ。
とまぁいきなり一生ヲタク宣言をしてしまったような感じですが、今回はそんな我らがAKB48の楽曲について紹介したいと思います。

ということで、僕が好きな曲を10曲選びました、またAKBの派生ユニット曲やソロ曲も対象としています。しかし僕はAKB48至上主義だったため支店の曲は表題曲くらいしか分からないんですよね…なのでゴリゴリのAKB48ヲタクが選ぶランキングになっています。
それではランキングよっしゃ行くぞぉー!

 

 

10位 昨日よりもっと好き
【好きな歌詞】

なぜ好きになったのか
理由なんて 思い出せない

歌詞やメロディーはもちろんですが、特にMVがこれぞAKB48みたいな曲ですね。古き良きAKB48って感じがします。

友達でいたいのに会う度に惹かれてしまう、彼女とかいるのかなと考えているだけで胸がドキドキしてしまうピュアな女の子目線の曲。いや、可愛いなオイッ、少女漫画の主人公か!この時代にこんなピュアな恋愛があるのかと思わず言いたくなります。
MVも教室内の風景であったり、校庭で踊っていたりとアイドルって感じがして良いですね。 

 

 9位 初恋ヒルズ
【好きな歌詞】

ペダルが重くなった分
君に近づけたかも…
青春は
いつだって
坂道だらけ

こちら指原莉乃のソロデビュー曲それでも好きだよのカップリング曲なのであまり知名度がないかもしれませんね。まぁ僕は指原推しだったので…(黒歴史)
自転車で坂を駆け上がる時に好きな人の名前を叫ぶと恋が叶うと言われている初恋ヒルズという場所を舞台にした青春アイドルソングです。
指原の歌声って無駄にアイドルっぽい鼻にかかった感じなので、アイドルソングに溶け込むんですよね。そこがなんか悔しい。
ご存知の方もいるかと思いますが、この時指原のソロデビュー曲を乃木坂46おいでシャンプーと同日発売してランキング争いをしていたんですよね。もちろん指原は負けましたが。それで僕はついでに乃木坂のCDも購入したのですが、おいでシャンプーが素晴らしすぎたので僕はそのまま乃木坂に流れました。まんまと運営の戦略にハマったってわけです。
多分秋元康のことなので乃木坂と関連させて坂道を舞台にした曲を作ったのかもしれませんね、乃木坂46のヲタクになった頃も思い出してなんか色々と懐かしい気持ちになります。

 

8位 彼女になれますか?
【好きな歌詞】

あなたに
お弁当作っていいですか?
早起きして作っていいか 答えて欲しい

推しメンにこんなこと言われてぇ〜(キモヲタ)こんなこと思ってくれる女の子、むしろこっちから付き合ってほしいわ、はい。こんな青春経験したかった…と歌詞の2人につい嫉妬してしまいます。

チームKってカッコいい感じの曲が多いのでこのような可愛らしい曲は新鮮ですよね。2番サビのお弁当作っていいですか?のところでまな板をトントンするようなそれなりにダサい振りがあるんですけど、それすらもだんだん可愛らしく見えてくるくらい振り付けも好きです。
また板野友美が出演していたイトーヨーカドーのCMのタイアップにもなっていたのでその印象も強いですね。多分AKBに興味ない人も1度は聴いたことあるのではないでしょうか。



7位 君に会うたび 恋をする
【好きな歌詞】

2回 恋をした
前と同じように
懐かしい脈が打っている

まずイントロが好きすぎるイントロランキング作るとしたらTOP10には入りますね。

AKB48特有の歌詞は切なく曲はアップテンポなみんな大好きなアレです。
同窓会で好きな人に再会するという言ってしまえばよくありがちな設定なのですが、ずっと好きだったんだぜ系が斉藤和義で、好きだった人に2回恋をする系が秋元康アウトロの、じゃあねと手を振って 消えてく君に片想いというフレーズがまた切なさを強調していて良いですね。
この曲は切ない系アップテンポな曲の中でもトップクラスに良いと思うので、もっと評価されてもいいんじゃないかなと思ってます。seventeenやOnly todayみたいにたくさんの人に知ってほしいですね。

 

 6位 長い光
【好きな歌詞】

この部屋の灯りを消して
あなたの光に包まれたい

いや、井上ヨシマサ天才か

A5th恋愛禁止条例の1曲目。

ピアノで始まるイントロからの高橋みなみソロがエモすぎる…。
その後にギターとドラムが入り急に曲調が明るくなって全く別の曲のようになるのがたまらなく好きです。
それに対して歌詞は結構悲しい物語なんですよね、主人公の女の子が好きだったあなたと別れてしまった(もしくは死んでしまった)、けれど私はあなたを思い続けているという純愛。またあなたを星に例えて表現しているところや女性目線の歌詞が良いですよね。衣装が絶望的にダサいのですが、そんなことはどうでもよくなるくらい良い曲です。
それとこれは公演についてなのですが、長い光→スコールの間に→JK眠り姫→君に会うたび恋をする、ここの流れが天才的に良いです。秋元康やるじゃねーか。というか、恋愛禁止条例公演が素晴らしすぎる。まぁ長い光から始まる時点で良くないわけがないのですが、個人的には公演の完成度で言ったらNo.1だと思っています。

 

 5位 君のc/w
【好きな歌詞】

できることなら両方
光も影も愛して
そのすべて手に入れたい
恋の裏と表

いや、秋元康天才か

曲もMVも衣装も歌っているメンバーも全てにおいてThe王道アイドル感が出ていて素晴らしすぎる。まゆゆの偉大さが分かりすぎる曲です。島崎遥香もムカつくほど可愛いんですよね(もちろんあきちゃも可愛いよ)
そして何より歌詞が良い。メロディーと歌詞が素晴らしくマッチしていて、聴いてるだけで少女漫画を読んでるかのようになります。
主人公の男の子が片想いしている優等生で堅物な女の子の意外な姿を見てさらに惹かれていくという、一言で言えばギャップ萌えの曲ですね。この歌詞を50代のオジサンが書いたなんて誰が想像できますか、多分西野カナが書いたと言われた方がしっくりくると思う。
重力シンパシー公演の曲ということで少し埋もれている感を感じてしまうのですが、そもそも重力シンパシー公演が素晴らしいのでそれも含めもっと評価されてほしい曲です。水曜日のアリスとかキミが思ってるより…も名曲ですね。

 

 4位 ペラペラペラオ
【好きな歌詞】

恋まで遠く
片想いのまま
ときめきが切なさになる

Not yet最高!

推しメンがいたからというのもありますがNot yetって面白いし、曲もいいし、パフォーマンスも良いし本当に見てて飽きないユニットでしたね(ヨンパラ懐かしい…)中でもこの曲が1番好きで、今でも振りコピできます。
メンバーが秋元康に直接苦情を言ったほどトンチキなタイトルなのですがめちゃくちゃ良い曲です
行きつけのカフェで働いている女の子に話しかけたいけどどうしてもその勇気が出ない口下手で奥手な男の子が主人公の曲です。まるで僕たちヲタクみたいな主人公なのでつい応援したくなってしまいます。振り付けもキャッチーだし、曲も王道でアイドルって感じなので多分好きになる人多いと思います。
余談ですが、これは親にヲタバレしたきっかけの曲で僕が部屋でMVを見ながら振りコピをしていたらその現場を親に目撃されたという思い出す度につらくなる曲でもあります。

 

 3位 春一番が吹く頃
【好きな歌詞】

思い出作りに
奇跡は起きない

AKBの桜ソングというと、10年桜桜の木になろうなどの表題曲をどうしてもイメージすると思いますが、この曲も忘れないでほしい。
もうすぐ卒業する初恋の先輩に対する主人公の恋心がものすごく可愛くて同時に切ない。
卒業する日は絶対に来るし奇跡が起きないことも分かっているからこそ、好きな人といられるこの時間を大切にしようと前向きに考えつつも、私のことを忘れるな、ガールフレンドを作るな!とどうしても自分勝手になってしまうところが可愛いくて、すごく好きです。多分、僕はこの主人公の女の子が好きです(キモっ)
チームBの曲ということもあり、振り付けもメロディーもアイドルらしくて良いですね。

これは僕の推し公演でもあるアイドルの夜明け公演の曲なので、そういった意味でも大好きな一曲です。アイドルの夜明け、いいよね。

 

2位 涙のシーソーゲーム

【好きな歌詞】

全部

いや、秋元康天才か(2回目)

この曲知らない人は人生損してると思います。こちらもAKB特有の歌詞は切なく曲はアップテンポな楽曲なのですが、その中でも群を抜いて良い。
簡単に言うと別れの曲で、愛情が大きくなっていく一方で別れることになってしまう2人の気持ちをシーソーゲームに例えて表現しているところが天才すぎる。普通の人じゃ思いつきませんよこれ。愛はどちらかがバランスを悪くすると言っているのがなんとも切ない…
ただ曲のレトロな雰囲気に合わせているのかもしれませんがMVが意味不明なんですよね、メロディーには合ってるのかもしれないけど歌詞の世界観には全く関係ないのでそこが個人的には少し…って感じですけど。アンダー楽曲ということもあってかあまり評価されていないような気がします。勿体無い…
この曲は言葉では言い表せないくらい良いので、 とにかく聴いてみて全身で曲を感じ取って欲しいです。絶対に後悔させません。

 

1位 そばかすのキス
【好きな歌詞】

全部

いや、秋元康天才か(n回目)

B4thアイドルの夜明け公演のエース楽曲。
曲、歌詞、衣装、振り付け、全てにおいて王道アイドルを象徴していて素晴らしい楽曲です。これもまたAKB特有の歌詞は切なく曲はアップテンポのみんな大好きお馴染みのやつですね。
歌詞は終わってしまった一夏の恋の思い出を真冬の海で一人振り返るという設定なんですけど夏→冬と、出会い→別れ、という季節の移り変わりと恋心の移り変わりをリンクさせてるところが非常に良い。
個人的には振り付けがめちゃくちゃ好きで、イントロからアウトロまで振りがずっと可愛い。イントロの脇の体操みたいなアイドルらしい振り(伝われ)、サビの唇から唇へとのところで\推しメン指指して〜/とヲタク心を掻き立て、間奏のダンスで可愛いさの過剰摂取で倒れそうになってからのエモい落ちサビ、この流れがたまらなく好きです。
まさにアイドル最高かよ、と言わせるような曲ですね。この曲が存在する時代に生まれてきて良かった。お母さんありがとう。
あとこれは公演の話なのですが、好きと言えば良かった→そばかすのキスの流れがとてつもなく良いです。秋元康やるじゃねーか。

 

ということで、以上10曲の紹介でした!
今回はリクエストアワーと銘打ってランク付けしたのですが、結構バランスを考えてこの順位にしました、したつもりです(各チームから最低1曲は入れるとか)。僕は王道アイドルソングかつAKB48お馴染みの歌詞は切なくメロディーはアップテンポな曲が好きなので、単純に好きな曲を並べるとseventeen言い訳Maybe10年桜が上位を占めるすごくつまらない無難なランキングになってしまうんですよね…なのであえて王道な曲は省きました(1位はそばかすのキスなのにね)
今更AKB48の好きな曲を紹介するのも何か変な感じもしますが、再び曲を聴き直してみるとやっぱり良い曲たくさんあるし、懐かしい気持ちにもなりましたね。特に僕はアイドル臭が強い楽曲が好きなので、そういった曲が好きな方にはAKB48の曲がオススメです。

AKB48、中高生時代に好きになったということもありやっぱりめちゃくちゃ思い入れが強いんですよね。ネタとかではなく本当に学生時代を思い出そうとするとAKB48が脳裏をよぎるんですよ。まぁこの話は永遠に出来そうだし長くなるのでやめておきましょう…。
なので一言で終わらせたいと思います。僕の青春時代を輝かせてくれたAKB48、今も胸の奥で輝き続けるAKB48。永遠に…

f:id:Biyoon:20170213135128j:image

 AKB48最高!!!